旭段ボール株式会社
〒243-0425 神奈川県海老名市中野2-17-1
046-238-1131 お問い合わせ/お申込

MENU

会社情報
会社概要
経営理念
業務案内
製品情報
製品案内
製品一覧
採用情報
アクセス
お問い合わせ
 
各種設備のご案内
段ボールについて
環境活動への取り組み


段ボールについて


段ボールの歴史について勉強しよう!


現在、我々の身近にある段ボール。では、この段ボールはどのようなきっかけで誕生したのでしょうか?

実は、初めは現在のように梱包や輸送を目的として使われていたのではなかったのです。
それでは現在の段ボールにどのような歴史があるのか勉強しましょう!

19世紀後半のイギリスでシルクハットという円筒型の帽子が流行しました。
当初、このシルクハットの中に波状に折ったボール紙を入れて汗の吸収を目的に使ったのが始まりです。この波状に折ったボール紙を「フルート」といいます。

段ボールが現在の役割を担うようになったのはそれから約20年後のことでした。
アメリカで火炎瓶やガラス瓶をくるむ緩衝材として強度を必要とする「フルート」の片側の面に補強用の段ボール紙「ライナ」を接着剤で付けたものが使用されたのです。これが現在の「片面段ボール」といわれているものです。

この頃から段ボールの実用性が産業界、物流分野で注目されるようになりました。
当初は緩衝材として使用されていた段ボールですが外装用、木箱等に代わる輸送容器としても使用され始めました。

日本で初めて製造されたのは1909年。井上貞治郎氏により機械化、量産化され商品として世の中に浸透されていったのです。
当時、小型だった製造機械も現在では大型化され、より良質な製品を大量生産出来るようになったのです。
現在では物流を中心に産業界では段ボールは欠かせない存在となっています。


沿革


Q.
段ボールを注文したいのですが寸法などよく分からず、現物を見て作成してもらいたいのですが?
A.
お問い合わせフォームにてその旨を入力しメールにて送信頂ければ、後日、担当営業よりご連絡、訪問させて頂き現物にあった製品の相談をさせて頂きます。
Q.
数量は最低いくつから作ってもらえるのですか?例えば1枚からでも可能でしょうか?
A.
小ロットの場合は別途相談となります。しかしロット数量を増やしていただければ単価はお安くなります。
Q.
希望納入場所が工場から少し遠いのですが運んでもらえるのですか?
A.
遠距離の場合は別途発送代を頂く場合がございます。
Q.
寸法単位はどのように表記すればいいのですか?
A.
寸法は長さ×巾×深さをmm単位で表記下さい。(長手面を長さ、短手面を巾、高さで)
Q.
寸法表記はどのようにすればよろしいのでしょうか?
A.
基本的には内寸法にて御注文御願い致します。
箱に入れたい品物に3〜9mm程度余裕をとって内寸法として指定して下さい。
Q.
発注してからの納期はどれくらいでしょうか?
A.
通常みかん箱タイプですと御注文頂いてから3日後にはお届け出来ますが変形箱などの場合、外注に委託する場合は別途お時間を頂く場合もございます。
Q.
納品時間の指定は出来るでしょうか?
A.
原則的にはご遠慮頂いておりますがご相談には応じさせて頂きます。


このページのトップへ
Copyright c 2009 ASAHI DANBORU.All Rights Resaerved.